エチゾラム規制の効果?支持率急上昇中のセディールはどんな薬?

精神安定剤の役割

日常の生活や仕事等で身近な問題で精神的に落ち込んだりしていまい、気持ちが安定しない症状の方が精神安定剤を使用しますが、症状によっては服用しなくてもよい場合が御座います。
精神安定剤は不安やストレスを緩和してくれる「安定剤」になります。正式的な名称は抗不安薬とも呼びます。
現在、通販サイトで処方箋なしで購入が時代になりましたが、抗不安薬はたくさんの種類や効果・作用時間、副作用がありますが、ご自身の判断で使用して、効果がない、気持ちが落ち着かない等で有効成分の高いお薬を使用して方法を守らず、症状の悪化やお薬が無いと落ち着かなくなることで依存症になる可能性が高くなります。
軽い症状の方は使用を控えて頂き、ストレス解消法を見つけたり、幸せホルモン「セロトニン」を増やすで解消されます。

初めて使用の方で解消方法が困難な方はアザピロン系の抗不安薬の「セディール」がお勧めです。
こちらの薬の特徴は有効成分タンドスピロンで不安や緊張の神経を直接働き緩和へと導いてくれます。

セディールの有効成分タンドスピロンは脳内にあります、セロトニンに作用が働きかけ手からの作用時間は5時間となりますため、次の日の仕事や日常生活に症はなく、大きな吹き作用は御座いません。
又、精神安定剤で心配されています依存症に関しては、ベンゾジアゼピン系とは真逆の作用の為依存症の心配はなく、安全な薬になります。
睡眠障害で悩んでいる方は作用時間が長い「バスピン」となります。
バスピンの有効成分ブスピロンは不眠障害の治療として効果が高い薬になります。
ブスピロンは脳内の神経伝達物質を安定させる作用があり、不安や緊張でなかなか眠れない方が使用することで、不安障害、不眠症、うつ病が1錠で解決してくれます。

作用が強い為、強い眠気や頭痛、立ちくらみがありますが、依存症はない安全な薬になります。

抗不安薬を使用前、必ず容量や使用方法を確認してから服用してください。
又、強い副作用がでた場合は必ず医師に相談ししてくだい。